賢い資金調達に役立つ、クラウドファンディングの事例をご紹介いたします。

クラウドファンディングの事例

グラウドファンディングで資金集め

 

クラウドファンディングには決まったルールがなく、これまでユーモアなプロジェクトが多数、資金調達を成功してきました。
過去の成功事例・失敗事例を見れば、クラウドファンディングを上手に活用するテクニックやアイデアが見えてくるかもしれません。
よくある定番のものから、賛否両論になったケースまで、幅広い事例を集めてきました。

 

新商品の製造

企画・開発した商品に対して、資金調達できれば製造するプロジェクトです。
リターンの内容は主に新商品で、先行受注やマーケティング調査の目的で活用する需要もあります。

 

イベントの企画

個展やライブなどのイベントを開催する費用の支援を呼びかけます。
リターンはイベントの参加チケットのほか、掲載者や出演者のサインやVIPルーム・内覧会の招待を用意することが多いです。
イベントに参加したい人を集めるだけではなく、掲載者を応援したいと思うファンを集められるかが成功のポイントです。

 

古民家再生

個人的なメリットが大きい内容で、この手のプロジェクトは成功率が低いです。
そんな中でも秋田県の古民家再生は、支援金を「年貢」、支援者は「村人」、リターンは再生した古民家を自由に使える権利にするなど、ユニークな発想で目標の5倍、1,000人以上の支援者を集めました。

 

作品の制作

過去には映画「この世界の片隅に」、絵本「えんとつの町のプペル」がクラウドファンディングで大成功した事例があります。
規模が小さくてもunderline-映画、音楽、書籍の制作はクラウドファンディングの成功事例が多数あります

 

スポーツ選手の活動費用

海外挑戦やプロ野球の独立リーグでの活動など、多数の成功事例があります
スポーツ選手に特化したクラウドファンディングサービスは多数ありますが、成功するにはアマチュアを含めた実績や、高い身体能力を持っていないと難しいです。
支援者に対して「この人ならプロで成功するかもしれない」と思ってもらえれば資金調達できます。
クラウドファンディングのポイントを指す人

 

免許の取得費用

モデルの千神朱佳さんがバイクの免許取得費用をクラウドファンディングで募って成功しました。
しかし、ネット上では「免許は自分のお金で取れ」といった意見で炎上しました。

 

社会貢献

高齢者、発展途上国、障害者、子供に対する社会貢献を目的にしたプロジェクトは、閲覧者の賛同を得られれば対価にあったリターンがなくても成功します。
ただし、掲載者にとって都合の良い内容だと炎上するリスクがあります。

 

治療費

ガンや難病の高額な治療費をクラウドファンディングで資金調達した事例が多数あります

 

事業の立ち上げ、拡大

資金調達すれば収益性が見込めるビジネスプランがある場合、貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で資金調達できます
リターンは元本と利息(配当)を含めた金銭が一般的です。

 

ローカルビジネス

収益性は微妙だけど、新たなサービスを立ち上げれば近隣住民が喜ぶビジネスであれば、支援金を集められる可能性があります