クラウドファンディングで高額の資金調達を狙うならこの業者がおすすめです。

Makuake

Makuake(マクアケ)サイバーエージェントグループのクラウドファンディングです。
2013年8月に購入型専門クラウドファンディングサービスとしてオープンした歴史を持ち、現在は飲食分野プロダクト部門(新製品の企画や制作)映画制作のカテゴリーで業界1位の実績を持ちます。
全般的に個人的な夢を追いかける募集よりも、製品開発やサービス提供などの事業資金調達を得意にしています

 

 

高額な資金調達実績が多数

Makuakeは高額案件が多数

 

Makuake1,000万円以上の資金調達実績が多数あります
有名な事例では「この世界の片隅に」というアニメ映画製作費用(3,622万4千円調達)や、自転車、EVバイク、電動アシスト自転車の1台3役の機能を持つグラフィットバイク(1億2,800万円)などがあります。
魅力的なプロジェクトを立ち上げれば、高額な資金調達を達成できるのがMakuakeの魅力です。

 

 

サイバーエージェントグループによる集客力とマーケティング力

 

Makuakeが購入型クラウドファンディングの中で高い実績を残しているのは、サイバーエージェントのネットワークを活かしているからです。
アメブロをはじめ系列サービスを通じた告知を行うので、魅力的なプロジェクトを立ち上げれば、Makuakeのサイトを閲覧している人以外からプロジェクトを見てもらえます。
また、Makuakeやグループ会社のサービスを通じて集めた顧客データを投稿者に対して開示するサービスを行っています。
ターゲットにするユーザーがどのようなサービスを求めているのかが明確になるため、高額プロジェクトでも高い成功率を確保しています。
大型案件に強いことが評判になり、魅力的な事業を起こそうとする起業家や事業主から人気を集めています。
なかには銀行融資で資金調達できる事業でも、開発しようとする商品の先行受注やマーケティング調査を目的にMakuakeを活用するケースもあります。

 

 

Makuakeの手数料

 

Makuakeの手数料は、相談料・掲載料は完全無料で、All or Nothing(達成後支援型)All in(即時支援型)ともに一律20%(決済手数料5%含む)です。
他社と比較すると割高に感じるかもしれないですが、商品開発などの購入型は他社でも割高なプランを提示されるケースが多く、相場の範囲内だと評価できます。
2割を手数料で持って行かれるのは大きな負担ですが、プロモーションに強いため高額な募集でもスピーディーな資金調達が可能です。
また、ビッグデータの提供や支援者からの反響など、精度の高いマーケティングを一緒に行える付加価値が付いてきます。

 

 

審査が厳しい

 

Makuake高額案件を多数扱っている特性から、審査が他社よりも厳しいです。
審査で重視するのはプロジェクトを実行に移して、支援者に対して確実なリターンを提供することです。
高額なプロジェクトほど審査が厳しく、発想だけではなく行動に移すためのスチームを持っているかを厳しく審査されます。

 

 

 

自信のあるビジネスモデルならMakuakeがおすすめ

しっかりとしたビジネスモデル

 

購入型に特化したクラウドファンディングだけあって、支援者はリターンの内容を重視しています。
プロジェクトが実行に移った時に、「その商品を使いたい」、「こういう飲食店なら利用したい」、「こんな映画があれば絶対見たい」などと支援者に魅力を感じてもらえるかが重要です。
審査が厳しいので、何もノウハウがない個人が漠然としたビジネスプランだけで募集するのは困難です。
全般的に企業やグループによる掲載が多いですが、自信のあるビジネスモデルであれば、高額な資金調達に強いMakuakeがおすすめです。