知っておきたい、クラウドファンディングのメリット・デメリットをご紹介。

メリットとデメリット

クラウドファンディングは、あらゆる目的から資金提供を募る仕組みによって、起業や夢を実現できるチャンスが大幅に広がりました。
資金提供者の大半は個人になるので、資金調達だけではなく掲載内容の反響を見てマーケティングをできるメリットがあります。
ただし、メリットだけではなく手数料や失敗した時の機会損失、ネット上での炎上リスクがあります。
クラウドファンディングで資金調達を目指す場合に抑えておきたいメリットデメリットをまとめました。

 

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングについて解説します

 

クラウドファンディング最大のメリットはルールがないことです。
通常の融資(貸付サービス)で資金調達する場合は、事業の収益性や申込者の与信を厳しく審査されます。
クラウドファンディングは、プロジェクトやリターンを掲載者が自由に決められます。(サービスによっては特定のタイプしか選択できない)
たとえば、ビジネスとしては成立しないけど、社会貢献できたり支援者に楽しんでもらえるプロジェクトの内容であれば、資金調達のチャンスがあります。
リターンがお金以外の一般的なクラウドファンディングの支援者は、対価に見合ったリターンを求めていないこともあります。
応援や支援をしたいと思ったら、お礼のメールなど簡単なリターンでもお金を出してくれる人がいます。
このように活用次第では、事業性のない夢でも資金調達が可能です。
支援者に対しての魅力の伝え方に決まったルールがないため、クラウドファンディングは無限の可能性を秘めています。

 

上手な活用事例

 

クラウドファンディングの長所を最大限活かした成功事例を数点ピックアップしました。

 

クラウドファンディングを上手に使うコツ

 

  • プロスポーツ選手を目指して海外挑戦する費用の調達
  • クラウドファンディングの告知力・話題性によって商品をヒットさせる
  • 自己資金で作れる新商品をあえてクラウドファンディングに掲載することで、先行受注やマーケティング調査を行う
  • 支援者や運営会社のサポートスタッフからの助言で魅力的なプロジェクトにアップデートできた
  • 赤字で債務超過の個人商店でも資金調達に成功(近所の人や地元を離れた人からの応援)

過去の事例を見れば、クラウドファンディングの魅力や可能性が理解しやすいです。

 

 

クラウドファンディングのデメリット

 

クラウドファンディングには以下のデメリットと注意点があります。

  • 手数料が高い(17~20%が相場)
  • 時間をかけて準備、打ち合わせ、掲載をした結果、資金が集まらない失敗リスクがある
  • 募集内容が悪かったりプロジェクトを実行しないとSNSなどで炎上するリスクがある
  • ビジネスプランを真似される恐れがある

 

クラウドファンディングのコツについて考える男性

 

クラウドファンディングを上手に使うコツは、資金提供を目的に閲覧する支援者側の気持ちになって考えることです。
何でも自由に投稿できることを理由に、安易な考えで資金提供を募ると炎上するリスクがあります。
ネット民を相手にするので、優しい支援者も入れば、不適切な点を厳しく指摘してくる方もいます。
ネット炎上すると、ネガティブな情報がその先もネット上に残ってしまい、資金提供に失敗するだけではなく、風評被害や精神的ダメージによって将来の夢実現が遠のいてしまうケースもあります。
逆に支援者の気持ちを理解して、魅力的なプロジェクトやリターンを用意すれば、お金をかけないリターンや高額な目標額でも資金調達に成功するチャンスがあります