個人の小口による資金調達に強いクラウドファンディング業者です。

Motion Gallery

映画・アニメ・演劇・ダンス・スポーツ・本・写真・パフォーマンスのイメージ

 

Motion Gallery(モーションギャラリー)は、クリエイターに特化したクラウドファンディングです
プロジェクトのカテゴリーは、映画・アニメ・演劇・ダンス・スポーツ・本・写真・パフォーマンスなどがあります。
掲載者を「プレゼンター」、支援者を「コレクター」と呼ぶ独自の名称を使っていますが、システムは一般的な寄付型・購入型クラウドファンディングと同じです。
募集方式は、コンセプトファンディング(達成後支援型)プロダクションファンディング(即時支援型)の2種類を扱っています。
国内でクラウドファンディングが登場した2011年にサービス開始をした歴史を持ち、これまで30億円以上の応援、2,500以上のプロジェクトが達成した実績を持ちます

 

 

Motion Galleryの強み

Motion Galleryは次の12の特徴と強みを持っています。

  1. 国内最安の手数料 5%
  2. オーナーシップ 100%(事前提示したリターン以外の還元不要)
  3. 達成後支援型と即時支援型による柔軟な対応
  4. 豊富な経験を持つ専属スタッフによるサポート
  5. 最短翌日掲載のスピード対応
  6. 豊富な決済手段(コンビニ決済など)
  7. 世界最大級の海外クラウドファンディング「Indiegogo」に同時掲載可能
  8. 過去のプロジェクトデータを活用した分析ツールの提供
  9. 自治体の助成制度の紹介・相談・手続き支援サービス
  10. カテゴリーに特化した多彩な提携先メディアによるPR活動
  11. コレクターとのコミュニティ(実行前に助言や意見をもらうことができる)
  12. 掲載終了日の翌月末に入金

 

クラウドファンディングの中では決して知名度が高いサービスではないですが、クリエイター関連の中では豊富な実績を持っています
すでに作りたい作品やコンテンツの計画が出来上がっている方よりも、コレクターと一緒によりよい作品を作っていきたい方に向いています。
手数料が安く、サポート体制が充実しているので、コンセプトにマッチすれば全般的なカテゴリーを扱う大手よりも利用するメリットが大きいです

 

 

夢を追いかける個人に強い

 

クリエイティブなプロジェクトのイメージ

 

Motion Galleryの掲載者は個人単位のクリエイターが中心で、作品を作ったり最低限の活動をするために数十万円程度の資金調達をする需要が高いです。
過去の実績がなくても、アイデアやサンプル、過去に作った作品が支援者から評価されれば目標達成できるチャンスがあります。
また、資金調達だけではなく即時支援型で、すでに完成している作品やコンテンツ、サービスを販売する場所として活用することもできます。

 

企業やグループよりも個人による小口の資金調達需要が高く、まだ未熟なクリエイターでも、コレクター(支援者)から暖かい対応を期待できます。
資金調達だけではなく、作品を広めたりスキルアップするための場所として活用してもよいでしょう。

 

 

手軽だがレベルは高い

 

Motion Galleryは実績よりも企画や品質を重視される傾向があります。
掲載者の大半は個人ですが、腕に自信を持ったクリエイターばかりです。支援者も目が肥えているので着眼点が良くてもクリエイターとしてのスキルが追いついていないと目標達成できません
Motion Galleryで資金調達できれば、クリエイターとして高い評価を受けた証拠になります。
プロジェクトを実行に移せば支援者以外からの反響を得られる可能性が高いです。
手数料が安くスピーディーな審査を行っているので手軽に利用できます。興味を持ったら腕試しも兼ねて挑戦してみてください。