クラウドファンディングでリターンは得られる?いくつかの種類について解説します。

クラウドファンディングのタイプ

クラウドファンディング初心者向け解説

 

クラウドファンディングには様々な種類がありますが、大きく分けると寄付・投資をした人への特典の違い成立条件の違いによる2つのタイプがあります。
利用するクラウドファンディングサービスによって特性が大きく変わってくるので、目的に適したタイプの業者を活用しましょう。

 

特典のタイプ

クラウドファンディングは投資や寄付をした人に対して特典を用意しています。
募集をかける内容によっては、金銭的見返りを用意するべきものと、応援の目的で金銭的価値の低い特典を用意しないと反響を得られないケースがあります。
主な特典のタイプは以下の通りです。

 

一般のクラウドファンディング
  • 寄付型 … 金銭的な特典がほぼない
  • 購入型 … 開発する商品を特典でプレゼントする
  • ふるさと納税型 ・・・ 自治体が募集して応募した金額がふるさと納税になる
貸付型クラウドファンディング
  • 融資型 … 事前に提示した元本と利回り、期間に応じて利息(分配金)と元本の返済(償還)を行う
  • ファンド投資型 … 複数の事業をセットにしたファンドとして融資型の募集を行う
  • 運用型 … 事業の運用結果に応じて配当(分配金)が変動する
  • 株式投資型 … 非上場企業の株式が特典になる

 

一般のクラウドファンディングは全て寄付型の一種になり、特典は金銭以外のものになります。
融資による利回りや出資による運用によってお金が戻ってくるタイプ貸付型クラウドファンディングに分類され、「ソーシャルレンディング」と呼ばれることもあります。
貸付型クラウドファンディングは、寄付や応援の目的ではなく、資産運用でお金を増やしたい個人投資家から資金調達する流れです。

 

貸付型クラウドファンディングは厳しい審査がある

クラウドファンディングの審査について考える男性

 

一般的な寄付を募るクラウドファンディングの運営会社は特定商取引法に則った運営が必要なだけで特別な許認可が不要です。
募集をかける内容が水商売や詐欺を連想させる内容ではないなどの簡易的な審査のみで簡単に掲載してもらえます。後は募集を見た人に魅力を伝えて反響を得られるかどうかです。

 

貸付型クラウドファンディングの場合は、貸金業と第二種金融商品取引業の許認可が必要になります。(株式投資型は第一種少額電子募集取扱業者が必要)
運営会社は募集を希望する事業者に適切な審査と管理を行うことが義務づけられています
つまり、貸付型クラウドファンディングで資金調達を行う場合は、募集をかけるサービスの運営会社からの審査と、募集した後に個人投資家から目標額までの応募を集める2段階の審査があります。
運営事業者は掲載するファンドの貸し倒れや遅延を少なくすることに努めていて、人気が高い業者では厳しい審査をすることで元本既存0円の運営実績を誇っています。
銀行や商工ローンなどの融資に比べて審査時間が短くて手続きが簡単なメリットがありますが、個人が新規開業するために資金調達するのはハードルが高いです。

 

 

昨今は貸付型クラウドファンディングにおいて大量遅延や元本既存、集団訴訟など大きなトラブルが相次いでいます。
実績の低い事業に関しては、不動産を担保に入れると比較的審査に通りやすいですが、全般的に掲載するための審査が厳しくなっています。
また、単独募集するには規模が大きな事業が必要になりますが、複数の事業融資をセットにしたファンド投資型なら、ソーシャルレンディング会社からの融資として資金調達できるケースがあります。

 

未達成だった場合の違い

クラウドファンディングについて考える男性

 

クラウドファンディングには「達成後支援型」と「即時支援型」の2種類があり、目標金額に届かなかった場合のルールが違います。
達成後支援型目標額100%以上を達成した場合のみ、全額を受け取って公約通りにお金を使って、寄付した人に特典を返します
購入型の場合は、目標額100%を達成した後も募集を継続できるケースもあります。
未達成だった場合は、クラウドファンディング会社が預かっていた金額が、寄付した各個人へ返金されます
即時支援型は、未達成だった場合でも寄付した人への返金はせず、募集をかけた人にお金が渡るルールです。
即時支援の場合は未達成だった場合でも基本的には公約を実行し、提示した特典を渡さないといけません。
仮に予定よりも少ない金額しか資金調達できなくても、自己資金などでプロジェクトを実行に移せる場合に活用します。
一部では、目標額の他にプロジェクトを実行するための最低ラインの金額を設定できるクラウドファンディングもあります。